プラセンタ

プラセンタでシワ改善 若返る美肌

豚プラセンタと馬プラセンタの違い比較!どう選ぶ?


豚プラセンタと馬プラセンタの違い比較!どう選ぶ?

プラセンタとは赤ちゃんを育てる時に出来る胎盤から抽出された成分の事を言います。

健康面や美容面に効果があり、近年よく耳にするようになったと思います。

摂取の仕方は主に経口摂取、注射、皮膚に直接塗るの3つの方法があります。

主な効果としては、自律神経やホルモンバランスを整え、病気の抵抗力を高めたり、抗アレルギー作用、抗炎症作用や組織修復作用があります。

また、代謝を活発にして、肝臓などの臓器や細胞の働きを活性化させます。

体の錆を取ってくれる活性酸素除去も挙げられます。

プラセンタの成分にはアミノ酸、タンパク質、脂質、糖質の3大栄養素とビタミン、ミネラル、酵素、核酸などの栄養素が豊富に含まれています。

では、本題の豚プラセンタと馬プラセンタ、どちらを選ぶと良いかとお悩みの方も沢山いらっしゃいます。

まずは、安全面が気になりますよね。

豚プラセンタはドラッグストアなどの市販で売られているメジャーな商品になります。

手軽に手に入れる事ができます。

ですが、豚は病気を予防する為に抗生物質など薬剤やワクチンを投与されている可能性があります。
ですから、撤退した衛星管理を行っている事が重要になってきます。

SPF豚と呼ばれる豚は大切に育てられ、徹底し管理された環境の元に抗生物質は投与されていませんので、豚プラセンタを選ぶ時はSPF豚を原料としている物を選ぶと良いでしょう。

一方、馬プラセンタは、馬には寄生虫が住み着く確率が低いので、病気になりにくいとされています。

ですから、ワクチンや薬剤の投与が比較的少なく無農薬の飼料を与え、徹底した環境で育てられていますので、安全性が高いと言われています。

ですが、必ずしも豚が安全性が低いわけではありません。

SPF豚なら、安心ですし馬プラセンタより高品質なものもあります。

次に成分ですが、馬の胎盤は豚の胎盤に比べて、アミノ酸が豚の約300倍程多く含まれています。

また、成分が濃く、豚のプラセンタにはない6種類の必須アミノ酸が入っていると言われています。

アミノ酸が体に必要な理由は、不足すると血液を作り出す骨髄や良い細胞を作る事が出来ません。
髪の毛や皮膚や内臓もアミノ酸が必要です。

体を作る為の成分が不足すると免疫細胞も出来ず、病気になってしまいます。

ですから、比較的馬プラセンタの方が効果が優れていると言えます。

では、気になるのは価格だと思いますが、経口摂取のサプリメントと注射、皮膚に塗るタイプで価格は違ってきます。

まず、注射ですが、こちらは人の胎盤から有効成分を抽出されたものになりますので皮膚に塗るタイプとサプリメントを選ぶ事になります。

皮膚に塗る美容液はやはり、豚よりも馬の方が高めですがさほど変わりませんので私なら、迷わず馬を選びます。

サプリメントですが、こちらは、馬の方が普通は高いです。

ただ品質によっては、馬よりも豚のほうが高かったりと物によります。

ですから、サプリメントを選ぶ際には、きちんと見定める必要性があります。

個人的な意見としては、馬プラセンタで選ぶなら「エイジングリペア」が良かったです。

美白成分も含みますから色白を目指す方にぴったりです。
エイジングリペアの口コミ

豚プラセンタなら、FUWARI(ふわり)がいいなと思います。

豚プラセンタですが馬プラセンタ以上の実感力と評価も高いですし、コラーゲンもいっしょに含まれています。

なのでたるみが気になる方にぴったりです。

顔のハリをアップして透明感ある肌に導いてくれるからです。
食べる美容液「FUWARI(ふわり)」の口コミ効果!他のプラセンタサプリとの違いは?

us

 

タグ :  

「FUWARI(ふわり)」

この記事に関連する記事一覧