美容マニアに愛されるサプリといえばプラセンタ。

 

そのプラセンタの中でもやっぱり一番品質が良いとされるのは馬由来のプラセンタですよね。

 

中でも最近人気なのはシスタープラセンタとAGEST(エイジスト)です。

 

どちらも口コミの評判も良く、芸能人にも愛用されているサプリですが、

あえて選ぶならどっち?と迷う人もおられるでしょう。

 

そこでこの2つのサプリの違いを比較してみました。

 

シスタープラセンタとAGEST(エイジスト)は馬プラセンタですが、使用されている馬の原産国が違います。

シスタープラセンタは、北海道産サラブレッドで、AGEST(エイジスト)はキルギス産サラブレッドです。
シスタープラセンタの口コミと効果

 

国産、しかも北海道の大自然の中で、大切に飼育された馬の胎盤を使った安全なサプリが良い人にはシスタープラセンタがおすすめです。

 

では、AGEST(エイジスト)に使われているキルギス産の馬の胎盤は安全面でどうなのでしょうか。
AGEST(エイジスト)の口コミと気になる効果

 

キルギス共和国は中国のちょうど西、中東の東に位置する国です。

 

キルギスというと聞きなれない人もおられるでしょうが、もともとキルギスは騎馬民で肥沃な土地で育った馬は、キルギス政府もお墨付きなのだそうです。

 

もちろん胎盤の出荷も政府のお墨付きです。

 

このように、国産、海外産という違いはありますが、どちらも品質には安全を期しているようなので、あとはお好みでしょう。

 

では次にプラセンタエキスの配合量はどうなのかというと、シスタープラセンタは200mg、AGEST(エイジスト)は180mgです。

 

プラセンタ量はシスタープラセンタの方が多いですね。
 

ただし、シスタープラセンタは美容成分はプラセンタ粉末のみですが、AGEST(エイジスト)はプラセンタ粉末に、

コラーゲン、ヒアルロン酸、デルマタン硫酸、コンドロイチンといった成分も配合されています。

 

理論的にはプラセンタさえ入っていれば自分で肌の再生力を促進することができるのでコラーゲンやヒアルロン酸は不要かもしれません。

 

しかし、肌荒れがひどく、なかなかプラセンタだけで自活力を導き出すには時間がかかりそうだという場合には、AGEST(エイジスト)を選んではどうでしょうか。
私は、AGEST(エイジスト)が一番効果を感じましたよ。

エイジストはエイジングリペアからリニューアルしてさらに進化しました。

⇩⇩お得なエイジスト公式サイトはこちら
“噂”の高級馬プラセンタサプリ

 

*2015/08/30追記
シスタープラセンタは、販売休止中です。
代わりというか、私が飲んでみて一番効果を感じているのは
同じ馬プラセンタのAGEST(エイジスト)です。
肌のハリや潤い透明感を感じます。
口コミレビュー→AGEST(エイジスト)の口コミと気になる効果